ファンデーションの基本について考えてみた

ファンデーションの役割は、ベースメイクにあります。基礎コスメティックの後、メイクの前に顔に使うのが下地クリームで、ファンデーションには、クリームタイプ、リキッドタイプがあります。ファンデーションを肌に密着させ、化粧持ちを良くする役割があるので、ファンデーションは欠かせません。ファンデーションをメイク前にすることで、ファンデーションの添加物が毛穴にたまるのを防ぐことができます。毛穴の余分な脂分を抑えることができるので、化粧崩れを防ぎます。また、見た目の毛穴やキメを目立たなくする効果がファンデーションにはあるので、肌を滑らかに整え、ファンデーションの肌へのフィット力を高めて頂ける。他にも、ファンデーションには、紫外線、外気、乾燥などの外的刺激から肌を守る役割があり、メイクを落とす際、落としやすくして肌を傷めない効果があります。ファンデーションをキチンとしておくことで、メイクの仕上がりがよくなり、メイク状態を綺麗に保つことができます。ファンデーションには肌の保護作用の役割があります。化粧水や乳液の後、アッという間にファンデーションを塗るという、メイクが毛穴の奥に入り込みます。ファンデーションをファンデーションより先に塗ることにより、肌を保護する役割を果たします。【ビューティーオープナーの効果や口コミ】卵殻膜のおすすめ化粧品!

Category: 美容